愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所があなたのリビングウィル(尊厳死宣言書)作成、家族のための遺言書作成のサポートいたします。

リビングウィル・遺言書作成はあおぞら行政書士事務所に相談してください

updated 2016-12-11

リヴィングウィル、リビングウィル、尊厳死宣言書作成サポートサイト

遺言書作成のお手伝いやリビングウィル作成のサポートは愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所にお任せください

尊厳死とは―

傷病により「不治かつ末期」になったときに、自分の意思で、死にゆく過程を引き延ばすだけに過ぎない延命措置をやめてもらい、人間としての尊厳を保ちながら死を迎えることです。
あなたは「どんな手段を使ってでもいいから、1秒でも長く生きたい」と思いますか?それとも過剰な延命措置に疑問を持ち、尊厳死を望みますか?
どちらを選んでも正解はありません。選んだ答えが自分の(家族を含めての)生き方なんです。

尊厳死宣言書(リビングウィル)とは―

治る見込みのない病気にかかり、死期が迫ったときに「尊厳死宣言書」(リビング・ウイル)を医師に提示して、人間らしく安らかに自然な死をとげる権利を確立するための宣言文書です。
その状態になる前に「尊厳死宣言書―リビングウィル―」を作成し、家族や法律家に預けておきます。そして万が一の場合は、医師に尊厳死宣言書を提出し、延命治療の中止を求めます。

リビングウィルの主な内容は以下の通りです

家族のためにもリビングウィルを作成しておきましょう

1. 不治かつ末期になった場合、無意味な延命措置を拒否する
2. 苦痛を和らげる措置は最大限に実施してほしい
3. 数カ月以上に渉り植物状態に陥った場合、生命維持措置をとりやめてほしい(胃瘻などの拒否)

自分のために、家族のために―

リビングウィルの相談はあおぞら行政書士事務所へ

末期がんに侵されている―、治る見込みのない病気―、現在の医学ではどうしようもない―
そして死期が迫っている。でも生きているだけの時間(家族から見ればかけがえのない時間です)。
無意味な延命治療を施されて、家族に精神的・経済的負担をかけたくない。また自分はそんな生きているだけの時間を過ごしたくない。
そんな思いありませんか?私はそう考えています。だからリビングウィルを作成しました。

リビングウィル作成の相談はあおぞら行政書士事務所



尊厳死宣言書作成・リビングウィル相談はあおぞら行政書士事務所SSL通信で暗号化されますのでデータ漏洩の心配はありません。

尊厳死が認められる場合とは―

尊厳死宣言書作成はあおぞら行政書士事務所へ一般的に尊厳死が認められるのは、医学的見地から回復の見込みがなく、死期が迫っており、人工呼吸器をつけるなどの延命措置をしても死期を引き延ばすだけ―という場合だと解されております。
例えば、脳出血等で大きなダメージが脳にあり、脳死状態になったが、延命措置をすればある程度の期間、生命を維持できると予想される場合です。(改正臓器移植法で脳死が人の死と定義されましたので、今後の運用は見守る必要はあります。09.07.14追記)
そしていわゆる植物状態でも尊厳死が認められるかは解釈がわかれます。この場合は、脳の一部の機能が残っており、自力で呼吸できるなど、将来回復する可能性も残っているからです。
日本尊厳死協会では、植物状態が数カ月続いた場合は、生命維持装置の取りやめを求めておりますので、自分で作成する場合は盛り込むのも一つの方法でしょう。(公正証書では断られることもあります)

必ず尊厳死が認められるのでしょうか―

尊厳死宣言書作成はあおぞら行政書士事務所へ現在、日本では尊厳死に対しての法律はありません。よって確実に実現される保証はできません。
とは言え、日本尊厳死協会の2008年遺族調査によると現場では94%の確率で尊厳死宣言書を受け入れてくれたとのデータがあります。
ここ最近の調査では毎年9割以上の回答がありますので、事実上は医療の現場では尊厳死が認められていると言っても過言ではないでしょう。
まずリビングウィルを作成しないことには何も始りません。自分の人生を自分の思うように生きても良いのではないでしょうか。

安楽死と尊厳死―

尊厳死宣言書作成はあおぞら行政書士事務所へ安楽死とは、病気が末期の状態であっても、現時点で意識がハッキリしており、当人が自分の要請で、薬物などを利用して、積極的に死に到らしめたり、薬を与えて自殺の幇助(自殺の手助け)をすることを意味するものと解されております。
対して尊厳死(リビング・ウィル)はそこまでの領域に入り込んでおりません。(延命)治療をしないと死に至るような場合に、事前に延命治療を拒否し、その結果自分が死に至っても、全ての責任は「自己決定権」を行使した自分が負うとの意思表明した書類がリビング・ウィルなのです。リビング・ウィルは延命治療の中止を求めるものであって、決して自分で積極的に死を望むものではないのです。
安楽死は積極的安楽死消極的安楽死の二つに分類され、消極的安楽死は尊厳死と解されております。

遺言書との違い―

尊厳死宣言書作成はあおぞら行政書士事務所へ遺言書とは「自分が亡くなったとき」にこうして欲しいという意思を書き記した文書です。効果は当然死後に発生します。生きている間は効力がありません。
尊厳死宣言書(リビング・ウィル)は、自分がまだ生きている間に起きる出来事に関する「生前の指示文書」なのです。脳死になる前から効果を有します。
リビング・ウィルは末期がんなどの終末期医療と密接な関係にあり、望まない延命治療の中止を求めるときには大変重要な書類となってきます(後述する判例とも関係あり)

遺言書
自分の死後に関する財産相続などのために作成 (死後に効力発生)
リビング・ウィル
自分の生きている間に起こりうる事に対処するために作成 (生きている間に効力あり)

尊厳死に対する判例(法的基準)―

尊厳死宣言書作成はあおぞら行政書士事務所へ死に対する価値観は人様々です。どれが良いと決めつけれるものではありません。また尊厳死は法的に確立された制度ではありません。
とは言え、むやにみ実行できるものではありません。その法的基準となりえるのが以下の判例ではないでしょうか。
尊厳死・延命治療中止を、安楽死とは別ものとして明示した裁判が1995年 横浜地方裁判所の東海大安楽死事件です。現在、この判例が、延命措置の停止の法的よりどころとなっていますので、紹介いたします。
患者は末期ガンで入院しており、その後、腎不全を併発したため、KCL(塩化カリウム)等の注射をして患者を死に至らしめました。医師は、「患者の家族に強く要請されて、注射をすれば患者が死ぬと承知した上で薬剤を投与した」と説明しましたが、逮捕され、起訴された事件です。
この注射をするときには、看護婦に止められていましたが、医師は強引に一人の判断で薬剤投与をしてしまったわけです。
患者の家族からは起訴しないよう求める嘆願書が提出されていましたが、KCL等を注射した行為は、患者に肉体的苦痛は存在せず、患者の明示の意思表示も存在しないので、積極的安楽死の要件を満たしていないとの事で、殺人罪にあたるとされ、懲役2年執行猶予2年の判決がでました。
このときの患者は、①昏睡状態で肉体的苦痛はなかった②生命の短縮を認める本人の意思表示がない、など積極的に安楽死させてもよい要件は揃っていませんでした。

判例で示された延命治療中止の要件
①患者が治癒不可能な病気に冒され、回復の見込みもなく死が避けられない末期状態にあること
②治療行為の中止を求める患者の意思表示が存在し、治療の中止を行う時点で存在すること
③治療行為の中止の対象となる措置は、死期の切迫の程度、当該措置の中止による死期への影響の程度等を考慮して決定される。



尊厳死宣言書作成・リビングウィル相談はあおぞら行政書士事務所SSL通信で暗号化されますのでデータ漏洩の心配はありません。

遺言書作成の相談はあおぞら行政書士事務所(愛知県名古屋市)

32px_key_003_b-trans.png行政書士には守秘義務がありますので、安心してご相談ください。

リビングウィル作成、尊厳死宣言書、公正証書作成のご相談は愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所

あおぞら行政書士事務所アクセス

リビングウィルの作成相談はあおぞら行政書士事務所車でお越しの方へ
広小路通「池下西」交差点を南下すると100m程度で到着します。プリウスやエスティマ程度の車の場合は駐車場あります。それ以上の大型車の方は道幅も狭いので、近隣コインパーキングなどをご利用ください。
リビングウィルの作成相談はあおぞら行政書士事務所電車でお越しの方へ
池下駅1番出口より西へ徒歩5分程度です。今池駅7番出口からの場合は東へ徒歩8分程度です。
リビングウィルの作成相談はあおぞら行政書士事務所住所
〒464-0848 名古屋市千種区春岡1丁目16番19号 浅井ビル1階
電話番号 052-734-7781 携帯 080-3676-6866
リビングウィルの作成相談はあおぞら行政書士事務所営業時間
9:00~20:00(土日は9:00~18:00となります)


事務所外観
リビングウィル・遺言書の相談はあおぞら行政書士事務所

事務所付近の案内写真

リビングウィル・尊厳死宣言書の相談はあおぞら行政書士事務所
広小路「池下西」交差点を南下します。

リビングウィル・尊厳死宣言書の相談はあおぞら行政書士事務所
50m位でこの交差点があります。

リビングウィル・尊厳死宣言書の相談はあおぞら行政書士事務所
左手に浅井ビルがあります。

駐車場案内写真

リビングウィル・尊厳死宣言書の相談はあおぞら行政書士事務所
浅井ビル南側の路地を入ります。

リビングウィル・尊厳死宣言書の相談はあおぞら行政書士事務所
最初の右折箇所を右折します。

リビングウィル・尊厳死宣言書の相談はあおぞら行政書士事務所
ここに駐車してください。

利用規約

無料相談は愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所【免責事項】
当サイトに掲載する内容の全部又は一部をお客様へ事前の告知なしに変更する場合がございます。そしてお客様が当サイト上から入手された情報により発生した、あらゆる損害に関して一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
【著作権】
当サイト内上の文書や写真・イラスト等は、あおぞら行政書士事務所並びに第三者が有する著作権その他の権利により保護されております。無断で複製・利用・変更等なさらないようお願い申し上げます。
【特定商取引法の表記】個人のお客様はこちらで特商法の表記をご覧になれます。

個人情報保護方針

愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所へ【個人情報保護】
あおぞら行政書士事務所は、お客様の個人情報を厳重に管理し、情報の紛失・改ざん・他者への漏えい・不正なアクセスなどが起きないように、予防および安全対策を講じます。
【個人情報の第三者提供について】
①お客様の同意があるとき②行政書士会、裁判所、検察庁、警察またはこれらに準じた権限を有する機関から、お客様情報の開示を求められたとき③お客様の生命、身体、および財産などに対して危険が発生し、それを保護する必要性があるとき④その他正当な理由があるとき等を除き、お客様情報を第三者に提供しません。
【SSL】
お客様の個人情報入力画面におきましては、暗号通信技術SSLを使用しております。SSLとは、プライバシーの安全性を確保するため、データを暗号化するための仕組みです。個人情報を暗号化し、電子鍵によって保護して通信を行ので安心です。

愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所営業エリア

リビングウィル作成は全国対応しております名古屋市(千種区・中区・中村区・東区・東区・名東区・天白区・瑞穂区・南区・昭和区・港区・中川区・守山区・緑区・北区・西区)愛知県内・安城市・一宮市・稲沢市・犬山市・岩倉市・大府市・岡崎市・尾張旭市・春日井市・刈谷市・北名古屋市・江南市・小牧市・瀬戸市・高浜市・知多市・知立市・津島市・東海市・常滑市・豊明市・豊田市・西尾市・日進市・半田市・碧南市・愛西市・清須市・弥富市・海部郡(七宝町・大治町・甚目寺町・美和町・蟹江町・飛島村)・西春日井郡(豊山町・春日町)・愛知郡(東郷町・長久手町)・知多郡(東浦町・阿久比町等)・丹羽郡(大口町・扶桑町)・三重県・岐阜県・静岡県・東京・大阪・兵庫県・その他各地全国対応

リビングウィル作成はあおぞら行政書士事務所へお任せください

愛知県名古屋市のあおぞら行政書士事務所へようこそようこそ、愛知県名古屋市の【あおぞら行政書士事務所】のホームページへ。
愛知県名古屋市を中心にあおぞら行政書士事務所は「リビングウィル作成」をお考えの方向けの事務所です。
そのほか、あおぞら行政書士事務所では、愛知県名古屋市を拠点に、三重県東部・岐阜県南部の建設業許可・会社設立・営業許可の手続き等を取り扱っております。またペットトラブルや敷金トラブルの相談も承ります。
お困りのことがございましたら、愛知県名古屋市の当行政書士事務所に是非お問い合わせくださいますようよろしくお願いいたします。